たなか小児科医院

医療法人社団ゆずりは会 たなか小児科医院

〒528-0012 滋賀県甲賀市水口町暁2-3
TEL 0748-65-0121

診療予約はこちら

トップページ»  ワクチン関連のお話

ワクチン関連のお話

甲賀市の方は、すべての法定接種は市の予約ダイヤル(0748-65-0732)へ。その他の任意接種は当院受付へお電話ください。

病気にかかってしまうまでに予防接種を ~もう一度同時接種を考えてみましょう~
予防接種はその病気にかかってしまったら意味を失ってしまいます。「病気にかかってしまうまでに、なるべく早く所定の回数をうち終わる」ということを前提に考えてみましょう。
小さい子がかかった時に危険な病気は特にそうです。たとえば四種混合に含まれる「百日咳」は6ヵ月以下の子がかかった際に重症化しやすい病気。ヒブ(インフルエンザ桿菌)や肺炎球菌の髄膜炎も特に小さい子にとって恐ろしい病気です。早期診断がとても難しいうえ、抗生物質が効かないものも多いので亡くなったり、救命できても重い脳障害がのこる子がいます。なんとしてもかかること自体を防ぎたい重い病気ですが、かかった人の半数が1歳前といわれています。だからこそ「なるべく早くうち終わる」ことを考えるべきなのです。 
 

「早く抵抗力(=免疫)を得るために同時接種」という考え方
日本もようやく接種できるワクチンが増えてきました。それは自体は良いことですが、外国とくらべ混合ワクチンが少ないので、ばらばらにすると接種間隔のしばりで接種完了(=免疫の獲得)が遅くなります。途中でひとつ病気にかかっても予定が大きく遅れてしまいます。  ロタウィルスワクチンなど、他のワクチンとの同時接種が前提でなければ物理的にまず不可能です。ワクチンを接種すること自体をやめない限り、同時接種でもバラバラに接種しても不慮のアクシデントは起こりえます。世界の何億ものこどもたちが同時接種を受けてきている(米国では生後2か月で6種類の同時接種を受けます)ことからも、もはや同時接種は世界の常識であり普通の医療行為といえないでしょうか。
 もう一度同時接種の意義を考えていただくきっかけになれば、と思います。病気にかかってからの治療だけでなく「重い病気からこどもたちをワクチンで守ることができる」ことをお伝えするのも私のような小児科専門医の大切な役目だと思っています。